38

秋は展示会びより。那覇はけっして近くはなくて、どこでもドアが欲しくなります。金城昌太郎さん展と首里織展の日程が重なっていてラッキーでした。

昌太郎さん展と首里織展のフライヤー

昌太郎さんは、私の師匠と仲良しで、よく先生の工房にいらしていて、弟子であったわたしにもたくさんの言葉をかけてくださいっていて、修行時代にもとても親しみを感じていました。先生の元を離れてはや五年。いかに私の周りに居てくださった方々が巨匠なのかを感じます。

けっして広いわけではない青砂工芸館での展示会は、着尺とお客さまで所狭しでした。色。いろ。力強いです。細やかであり、華やかであり、繊細でもある。そのモチーフ、(モチーフという言葉が軽薄に感じる!対象?)に対する思い出。お客さまがたくさん居られましたが、色んなお話を聞かせてくださいました。

私の感動ポイントは、①私の好きなイタジイがデザインに入っていた! ②柄がシンプルなのに華やか!(きっと答えは隈取りだわ!) ③感動をまとめているのではなく、感動を広げていた!④ 1つ1つの技法を教えてくれた😂 ⑤私のこと覚えててくれた!⑥今後のアドバイスをくれた😍 宝物な思い出がまた増えました。

そのまま、文化てんぶす館での、首里織展へ。

着付け仲間であったTさんが在廊されていました!五年振りくらいに会えて、とってもとっても嬉しかったです。(いつのまにか伝統工芸士!すごい〜!)紅型見た後、首里織みたら、安く感じるのは何でだろう??

とても個人的な感想ですが、花倉織と花織がかわいくて好きです。絣も力強くて好きです。ロートン織の、糸の太さや出来た布のパワフルさも好きです。きっと、わたしは首里織が大好きなんですね〜。

I went to two exhibitions in Naha. It takes about 90 minutes so that I would like Dokodemo-door. One of them, It is Syotaro Kinzyo,he is an artisan of Bingata for 60 years. My great teacher of Bingata and he are friends and he was very friendly to me as an apprentice. Now I know they who around me are so big people, I appreciate to them. In exhibition, there were so many Kimonos and Obis and guests in not spacious. COLORs. They have powers, fineness, blights and more. He told a lot of stories that the time he made them.

Next, I went to Syuri-weaving exhibitions. I saw my friend as a first time in five years. It was so lovely.I love Hana-Ori and Hanakura-ori of Syuri-ori.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中